カメレオン型のリーダーシップとは?

これは、2015年11月28日に47歳でこの世を去られたコミュニケーションの専門家が生前、他者との付き合い方に悩む多くの人に伝え続けて来た活動の中で今回のテーマはリーダーシップ
リーダーシップの5つの鍵というコンテンツのチャプター.2。

パワーゲームをしないカメレオン型のリーダーシップ

「俺が百獣の王だ俺についてこい!」というライオン型のリーダーシップが有効だった時代は、パワーが強い人がリーダーの素質があると思われていた。だから、リーダーとフォロワーのコミュニケーションは常にパワーゲーム。

そうなると、リーダーであり続けるためには、フォロワーを引っ張る強いパワーが求められる、それは辛い・・・

そして、時代が変わって、そういったライオン型のリーダーシップが通用しなくなり、これからはカメレオン型のリーダーシップが求められるようになった。

カメレオン型のリーダーシップとは?

チャプター.2の動画のテキスト

僕はこっちに連れて行きたい
アキラはこっちに行きたい
さっきはこうやってパワーゲームしてたのね
そうじゃなくって、こっちに来いって言うんじゃなく、
「アキラどうしてこっちに行きたいの?」「欲しい物があるから」
「おおっ、こっちに欲しいものがあるんだね」
その欲しいものってさ、
実はさ、こっちにもあるよ
あるでしょ、だから…
おんなじ、欲しいものが
手に入るんだったら、
一回、一緒にこっちに歩いていかない?
僕はこれがリーダーシップやと思うんですよ
タバコが吸いたい
どうして?タバコ吸いたいの?
リラックスしたいから
一服したいから、休憩したいから、
リラックスしたいんだったら、
タバコ吸わずに
アロマっていう方法もあるんだよ
お水を飲むっていう方法もあるんだよ
同じリラックス(効果)が得られるんであれば、
一回、こっち側一緒に歩いてみない?
じゃあ、行こう!
こういうリーダーシップになりたいんです
パワーで引っ張るんじゃなくて
昔のリーダーシップっていうのは、
ライオン型やと思うんですよ
「俺が百獣の王だ俺についてこい!」なんですよ
「俺がこっちに行くんだから、」
「お前らついてこい!」なんですよ
それが、どういう人達であれ、
「お前らついて来い!」なんですよ
だから、ライオン型リーダーシップっていうのを
やめて、カメレオン型になりたいんですよ
その人に合わせてあげたいんです
その人に合った、
やり方にしてあげたいんです
褒めて伸びる奴は褒めてあげればいいし、
叱って
“なにくそっ!”って思う奴は叱ってやればいいんだよ
昔のライオン型リーダーシップは、
俺が俺がなんだよ
「俺が百獣の王である」
今後、リーダーシップ取れる人っていうのは、
カメレオン型で、
カメレオンって何かっていうと、
保護色になってほしいんですよ
アキラから、今、
タバコを吸うのは、
リラックスのためだって言った
だけど、リラックスするんだったら、
アロマっていう方法もあるよって
僕が言った、
そっちやってみない?って言った、
「じゃあ、やってみよう!」って思った
やってみようと思ったのはアキラなんだよね
だから、自分で選択したと思えるんですよ
俺が自分で、
タバコじゃなくアロマを
選択したんだと思えるんですよ
「さんちゃんに引っ張られたんじゃなく、」
「俺が選択したんだよ」って
思ってくれる
そうすると、僕というのは、
保護色になって、
“俺が引っ張ってやったんだ”ではなく、
アキラが自分で考えてやったんだ
アキラが自分で
力がついたんだと思って、
歩いていける
そういうリーダーになってほしい
それぞれに合わせて
パワーゲームをやっていると、
どんどんどんどん、
パワー付けていかなあかんね、
それって、すごいしんどいことだと思う
一番わかり易いのは、
子供とお母さん
子供とお母さんの会話
子供がいます、お母さんがいます
案の定、子供が言うこと聞いてくれません
「もう!あんたホントに!」
「言うこと聞かんと!」
怒られると、
子供は、ちっちゃい頃は怖いから、
「ごめんなさい」って言うこと聞くんですよ
だけど、ちょっと大きくなってきて
お母さんに怒られたぐらいじゃ
怖く無くなってきたら、
どうするかって言ったら、
「もう、ホントにあんたは言うこと聞かんと(怒)」
「そんなふてくされた態度」
「ご飯食べさせてあげへんで!」
ご飯は食べたいから、
「はーい」っていうこと聞くんですよ
自分ひとりじゃあかんから、
ご飯っていうパワーをつけるんです
小学校くらいまではこれが効くんだけども、
もうちょっと大きくなると、
「もう、あんたホントに、」
「いうこと聞かんと、」
「なに、そのふてくされた態度」「ご飯食べさせてあげへんで(怒)」
「いいよーちょうどダイエットにいいし、」って
「いぁぁもう、お小遣いあげへんで(怒)」
お小遣いは欲しいから、「はーい」って言うんですよ
ご飯の次はお小遣い
もうちょっと大きくなってきて、
高校生とか大学生になってくると、
「もう、あなたホントに(怒)」
「親に口答えして(怒)」
「いうこと聞かんと」
「何よ、その態度、ご飯食べさせてあげへんで(怒)」
「いいよ、ちょうどダイエットにいいし」
「そんなん言っていたらお小遣いあげへんで(怒)」
「バイト代入ったも~ん」
パワー、パワーを付けていかないと、
相手に自分より、
パワーがついてくると、
リーダーシップの関係が壊れちゃうんです
パワーをつける方もしんどいし、
そうじゃなくって、
一緒に行こうよ
と、言ってあげられる
リーダーシップを取って欲しい
それは、時代が変わってきたんですよ
大昔とは今は違うんですよ
修行してた頃とは違うんですよ
東大に入ったら
人生が安泰だった頃とは違うんですよ
どういう人に
人がついていくかっていうのを、
ちゃんと考えて
自分に
みんなが付いて行きたいと思える
人間にならないと、
リーダーシップって
取っていけないんですよ
そして、
「俺がすごい、俺がすごい」っていうんじゃなくて、
あなたがすごいっていう、
リーダーシップに
していかないと、
それは、
リーダーシップではなく、単なる依存だから
その人自身が歩けないから
ちゃんと、
その人が自分で
歩けるような形で
選択肢を与えてあげられるのは、
これからの時代の
リーダーだと思う
まだあと数年は、
今まで通りの引っ張る、
リーダーシップで
耐えられるかもしれないけど
あと、数年で耐えられなくなるから、
その時に、
このカメレオン型というのを
分かっているかどうかなんですよ
カメレオン型っていうのが、
ちゃんと分かっていれば、
“俺がすごい”をしなくても、
いいんだっていうのがわかるから
自分にパワーを付けなくても、
いいんだってわかるから、
自分にパワーが無いから、
リーダーになれないって関係ないから、
誰でもリーダーになれるから
導いてあげたい方向に、
選択肢をちゃんと導いて、
与えてあげられることが出来るだけだから、
引っ張る必要はないから、
すごく、リーダーも気持ちが楽なんですよ
だから、いろいろなところで僕は、
気楽に出来るんですよ
“俺が引っ張らないと”と思うとしんどいじゃないですか、
“勝手にせーよー”って
“こういう選択肢もあるよ”って言ってあげるから
それを伝えるだけだから、
それが、一番、
心に響くように伝えてあげるから
後は、
頑張って、
自分で歩けるように
自分の人生なんだから
そういうリーダーになっていくんやで
そういうリーダーに
なっていただくために
僕は、いろんなことを教えたいなと思います
ひとつめの鍵、
“時代を知る”
いままでとは違うんだなということを
お話しました

-リーダーシップ5つの鍵
-