#001ハウオリ開催レポート:長野県戸隠神社パワースポット五社巡り

#001回目のハウオリは2022年04月23日(土)に長野県戸隠にてパワースポット巡りを開催させていただいたので、開催レポートにまとめました。

前泊から当日の朝

早朝の移動は大変だし、体力を使うのでその辺りを鑑みてのスケジューリングを立てました。

戸隠へは早朝のバスで向かうので長野市へ前日入り

今回のパワースポット巡りカフェ会はしっかり、戸隠五社巡りを行う計画で動いていたので早朝のバスで長野駅から戸隠まで移動することに。

そのために前日の夜に東京から長野市に入り、ホテルに前泊。

東京から長野に向かう交通手段は新幹線が一番楽。ちなみに、“えきねっと”を使って早めに予約を入れることで、乗車券・特急券が30%オフになることもあるので調べてみてください。

東京駅にてこれから乗車する「あさま627号」

東京駅にてこれから乗車する「あさま627号」

4月22日(金)は東京での仕事が終わってから新幹線に乗って長野駅に着いたのは21時過ぎ。

そして翌朝は朝7時前にチェックアウトする予定なので、ホテルでの滞在時間は8時間ほど、なのでとりあえずベットで眠れたらOKといった感覚でホテルをセレクト。

前泊で宿泊させていただいた「ホテル日興」の客室フロア

前泊で宿泊させていただいた「ホテル日興」の客室フロア

4月23日(土)の7時過ぎの長野駅前。この時間帯の長野駅をこうして見るのは長野市に住んでいた1999年以来、実に23年ぶり。

8時前の長野駅前(2022.04.23)

8時前の長野駅前(2022.04.23)

本当に長野駅前綺麗に整備されました。新幹線が金沢まで伸びたタイミングですよね確か。

8時前のJR長野駅ビル外観

8時前のJR長野駅ビル外観

土曜日の朝は人が少ないですね。

JR長野駅・善光寺口

JR長野駅・善光寺口

土曜日の朝に長野駅にいらっしゃる方の多くは観光でいらっしゃった方のようです。

人が少ない、4月の土曜日の朝8時前のJR長野駅構内

人が少ない、4月の土曜日の朝8時前のJR長野駅構内

駅前の交差点は車も少ない

4月の8時前の長野駅前の交差点

4月の8時前の長野駅前の交差点

青空が見えてきたので、天候は良さそう。

4月の8時前の長野駅前のビル群

4月の8時前の長野駅前のビル群

ひとまず、スタバでコーヒータイム。

8時頃の長野駅のスターバックスコーヒーのテラス席

8時頃の長野駅のスターバックスコーヒーのテラス席

長野駅から戸隠までは、こちらのアルピコ交通株式会社のバスに乗車させていただきます。

長野駅前を出発する戸隠へ向かうバス

長野駅前を出発する戸隠へ向かうバス

さすが、4月の土曜日ともあって、車内は席が埋まっています。

長野駅を出発して戸隠へ向かうバスの車内

長野駅を出発して戸隠へ向かうバスの車内

戸隠へは「戸隠宝光社ほうこうしゃ」まで行きます。

料金は、片道で1,150円(税込み)。往復チケットを購入することで片道1,100円(税込み)になります。

長野駅から戸隠宝光社までのバスチケット

長野駅から戸隠宝光社までのバスチケット

長野市内を抜けると、緑豊かな自然の中へ。車窓からの眺めを楽しめます。

バスの車窓から見えた戸隠神社宝光社の手前にあった池

バスの車窓から見えた戸隠神社宝光社の手前にあった池

戸隠神社宝光社ほうこうしゃ

定刻よりも10分ほど早く着きました。

戸隠神社宝光社に到着

戸隠神社宝光社に到着

こちらの「戸隠宝光社ほうこうしゃ」のバス停でお車組の方と待ち合わせ。

戸隠宝光社バス停

戸隠宝光社バス停

「これから戸隠を巡るので…」と長野県在住の松井氏よりこちらの書籍をいただいた。ありがとうございます!

『古道を歩く戸隠神社五社めぐり』の書籍

『古道を歩く戸隠神社五社めぐり』の書籍

バス停から駐車場を抜けて、戸隠神社宝光社を目指します。

戸隠神社宝光社近く

戸隠神社宝光社近く

周りを見渡せば、普通に住宅が建っています。都会で暮らしていると、こんな自然の中で暮らしている人が居るんだ…と少し憧れてしまいます。

戸隠神社宝光社近くの道

戸隠神社宝光社近くの道

横断歩道や信号とか無いので、車の動きには常に注意を払って・・・

戸隠宝光社近くの車道

戸隠宝光社近くの車道

こちらは昭和54年3月22日に指定されたと記述されています。

#001ハウオリ開催レポート:長野県戸隠神社パワースポット五社巡り

長野県史跡 戸隠神社信仰遺跡の案内板

今の戸隠神社の形態って昭和54年に指定されたということか。

長野県史跡 戸隠神社信仰遺跡の案内板

長野県史跡 戸隠神社信仰遺跡の案内板

戸隠神社宝光社に着きました。

戸隠神社宝光社の案内板

戸隠神社宝光社の案内板

まずは、お参りする前に手を洗って口をゆすぎます。

戸隠宝光社の手洗い場

戸隠宝光社の手洗い場

ここから階段を登っていきます。

戸隠宝光社の石段

戸隠宝光社の石段

“女坂”といって、緩やかな階段も用意されています。

灯籠と女坂への案内板

灯籠と女坂への案内板

わたしは正面の階段を登っていきます。

戸隠宝光社の急な石階段

戸隠宝光社の急な石階段

間近で見ると、結構な角度。

戸隠宝光社の急な石階段

戸隠宝光社の急な石階段

境内に到着。これからお参りです。

戸隠宝光社境内

戸隠宝光社境内

もちろん、アイテムチャージも忘れません。今回は宝くじ1セットとPCメガネ1個を預かってきました。

戸隠宝光社にてアイテムチャージ

戸隠宝光社にてアイテムチャージ

こちらでも、しっかりアイテムチャージさせていただきました。

戸隠宝光社にてアイテムチャージ

戸隠宝光社にてアイテムチャージ

杉が生い茂っている森の中。

戸隠神社の森の中

戸隠神社の森の中

ここは、伏拝所ふしおがみしょという場所で、戸隠神社への参拝者のうち、坂を登れない老人や女人禁制で奥院に参拝出来ない女性がここで戸隠山や奥院を望んで伏し拝んだ場所です。

戸隠古道の伏拝所(ふしおがみしょ)

戸隠古道の伏拝所(ふしおがみしょ)

戸隠神社火之御子社社ひのみこしゃ

もうすぐ、火之御子社社ひのみこしゃです。

火之御子社へ徒歩三分の標識

火之御子社へ徒歩三分の標識

ここでもアイテムチャージをさせていただきました。

戸隠古道にてアイテムチャージ

戸隠古道にてアイテムチャージ

一の鳥居から戸隠神社奥社おくしゃまで続く巡礼の道、戸隠古道を歩きます。

戸隠古道

戸隠古道

アイテムチャージ出来るポイントを見逃さずにアイテムチャージ。

道中でアイテムチャージ

道中でアイテムチャージ

トイレスポットをチェック。

火之御子社近くの休憩処&トイレ

火之御子社近くの休憩処&トイレ

さすが、トイレの外観も風情を感じます。

火之御子社近くの休憩処&トイレ

火之御子社近くの休憩処&トイレ

ここでもアイテムチャージ!

火之御子社でアイテムチャージ

火之御子社でアイテムチャージ

お参りはキッチリさせていただきます。

火之御子社

火之御子社

俯瞰的に火之御子社社ひのみこしゃを眺めつつ、

少し離れたところからの火之御子社

少し離れたところからの火之御子社

地元の農家の方が並べていらっしゃるのでしょうか。一袋50円って…良心的なお値段過ぎます。

人参が一袋50円

人参が一袋50円

また、戸隠古道を歩きます。

戸隠古道

戸隠古道

こういった案内板も風情を感じます。

戸隠古道

戸隠古道

ここはなんでしょう?ドラム缶が道に並んでいます。

道に並んだドラム缶

道に並んだドラム缶

これは、もしかしたらドラム缶で道をつくっていたのかも?

だだっ広い高原

だだっ広い高原

うわっ!土筆つくしなんて実物見たの初めてかも!?

土筆が咲いています

土筆が咲いています

真上からみた土筆つくし

土筆が咲いています

土筆が咲いています

お昼時なので、お蕎麦屋さんのショーウィンドウを眺めつつも、観光客相手の良いお値段なんだと思いつつ・・・

戸隠のお蕎麦屋さん

戸隠のお蕎麦屋さん

戸隠らしいお土産物屋さんがあります。

お土産物屋さん

お土産物屋さん

近くまでくると、なかなか渋い商品が並んでいます。

お土産物屋さん

お土産物屋さん

戸隠古道を歩き続けて来て、結構お疲れモードになったところ、ちょうどいい場所に休憩処がありました。いろいろなパンフレットも置いてあります。

休憩処にて

休憩処にて

もちろん、トイレも完備されています。

休憩処のトイレ

休憩処のトイレ

戸隠神社戸隠中社

これは戸隠中社の三本杉の内の一本です。

戸隠の三本杉の一本

戸隠の三本杉の一本

若狭の漁師が人魚を見つけて殺してしまい、その漁師の3人の息子がその人魚の肉を食べて死んで、漁師がその罪を償うためにここ戸隠に3本の杉を植えたというのがこの三本杉の始まりなんだとか・・・。

戸隠の三本杉の一本

戸隠の三本杉の一本

そんな伝説がある三本杉ですが、心清らかにこちらでもアイテムチャージをさせていただきました。

戸隠の三本杉の一本でアイテムチャージ

戸隠の三本杉の一本でアイテムチャージ

こちらは日吉社ひえしゃです。

日吉社

日吉社

旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

さて、そろそろお腹も減ってきたので昼食タイムです。ここ戸隠はお蕎麦が有名なのでお蕎麦屋さんが多いのですが目立つお蕎麦屋さんは土曜日ということもあって、大勢のお客さんで賑わっています。なんとか待たずに喫食きっしょくしたいところです。

今日の昼食場所

今日の昼食場所

“ここって宿坊なのでは?”と思いながら、ふらっと立ち寄ったところが、戸隠でも有名な“旧本坊勧修院久山館”でした。その中に、“そば処ひさやま”さんというお蕎麦屋さんがあるではないですか!

しかも、土曜日のお昼時にも関わらず、お客さんがいない!!一瞬、「もしかしたら・・・美味しくないのかも・・・」といった疑念が頭をよぎるも、“他のお蕎麦屋さんで並んで待つよりも直ぐにいただけるのであれば・・・”と思い、入店。

旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

店内の目立つ場所で、お父さんがお蕎麦を打っていらっしゃいましたので、我々の席はその真ん前に陣取りました。

旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

オーダーさせていただたのは、『天ざるセット』。ビジュアルは素晴らしいです。

天ざるセット/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

天ざるセット/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

まさに“打ち立てのお蕎麦”と言わんばかりの艶。

天ざるセット/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

天ざるセット/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

季節野菜の天ぷらも綺麗です。

季節野菜の天ぷら/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

季節野菜の天ぷら/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

これは、“ふきのとう”という天ぷらだそうです。

ふきのとうの天ぷら/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

ふきのとうの天ぷら/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

ここのお蕎麦はつなぎに小麦粉ではなく米粉を使っているそうです。モチモチしてて美味です。そして、お蕎麦が美味しい!つなぎが米粉になったらこんなにモチモチするのか!って。もちろん、お汁も美味しい!

蕎麦湯/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

蕎麦湯/旧本坊勧修院久山館・そば処ひさやま

店内に貼られていました。

“コロナ禍の会食で守ってほしいこと。”で、“会食の席での会話はハンカチやおしぼり”まではわかります。“扇子”って・・・お洒落ですね。

長野スタイルのススメ

長野スタイルのススメ

神殿・旧本坊勧修院久山館

こちらのお蕎麦屋さんに隣接している神殿を案内していただいたのでお参り。

神殿・旧本坊勧修院久山館

神殿・旧本坊勧修院久山館

入室した瞬間、空気が変わります。

神殿・旧本坊勧修院久山館

神殿・旧本坊勧修院久山館

音が全くしません。本当に静かな空間とはこういう場所を言うのでしょう。

ここで仕事をしたいです。いろんな意味で集中出来そうです。

神殿・旧本坊勧修院久山館

神殿・旧本坊勧修院久山館

戸隠古道

守護不入之碑です。“しゅごふにゅうのひ”と読むのでしょうか?

守護不入之碑

守護不入之碑

こちらも戸隠中社の三本杉の内の一本です。

三本杉の内の一本

三本杉の内の一本

中社の駐車場を横切り、

中社の駐車場

中社の駐車場

戸隠古道に入ります。

戸隠古道

戸隠古道

この日は4月23日ですが、まだ道には雪が残っています。

長野県の人に取っては当たり前なんでしょうけど、4月下旬に雪が残っているなんて都会で暮らすわたしからすれば結構衝撃です。

雪の残る戸隠古道

雪の残る戸隠古道

随所随所に道標があるのは有り難いですね。

道標・戸隠神社奥社入り口と戸隠神社中社

道標・戸隠神社奥社入り口と戸隠神社中社

宿舎案内図です。

宿舎案内図

宿舎案内図

けっこう、ガッツリ雪が残っています。

雪の残る戸隠古道

雪の残る戸隠古道

こうして道の両脇に雪が残っていると、“気温も寒いのでは?”と思ってしまいますが、服装は東京で4月下旬に過ごす服装で快適です。

雪の残る戸隠古道

雪の残る戸隠古道

戸隠古道はこのような山道がメインです。

戸隠古道

戸隠古道

“中部北陸自然歩道”というそうです。

戸隠古道の案内図

戸隠古道の案内図

「李子稚児の塔」です。

李子稚児の塔

李子稚児の塔

由来がしっかり書いてあるのはいいですね。

李子稚児の塔

李子稚児の塔

次はこちらの森林植物園へいってみたいです。

道標・奥社森林植物園へ

道標・奥社森林植物園へ

戸隠神社奥社参道

奥社参道入口に来ました。

奥社参道入口

奥社参道入口

山道を歩き続けてここで舗装された車道に出ました。まずはトイレ休憩です。

奥社のトイレ前

奥社のトイレ前

修験道別格寺です。

修験道別格寺

修験道別格寺

こういう場所のソフトクリームって、400円、500円でも価値を感じますね。

ソフトクリーム

ソフトクリーム

ここから戸隠奥社の参道入口です。

でも、残雪があるため、奥社への参拝は出来ないそうですので、途中までということで進んでいきます。

奥社参道入口

奥社参道入口

これは、杖の代わりだそうです。

奥社参道入口に置いてある木の枝

奥社参道入口に置いてある木の枝

奥社参道もまだ雪が残っています。

奥社参道

奥社参道

これは、途中にある随神門。

随神門

随神門

雪解け水が流れる小川の音が心地良い。

雪解け水が流れる小川

雪解け水が流れる小川

立派な杉の木

奥社参道

奥社参道

地面もしっとりしています。

奥社参道

奥社参道

この写真だけ見ると寒そうですが、日差しもあるのでそれほど寒くは無いです。

雪の壁が出来ている奥社参道

雪の壁が出来ている奥社参道

こちらがJRのCMで吉永小百合さんが入った杉だそうです。いまは、大勢の人が真似して入ったため木が傷むので入れないそうです。

吉永小百合さんが入った杉

吉永小百合さんが入った杉

風情があります。

雪の上の植物

雪の上の植物

使えませんが、トイレもあります。

奥社参道のトイレ

奥社参道のトイレ

結構歩きます。

奥社参道

奥社参道

随神門でアイテムチャージさせていただきました。

随神門でアイテムチャージ

随神門でアイテムチャージ

ご利益がありますように。

随神門でアイテムチャージ

随神門でアイテムチャージ

主催者側だけで記念撮影

記念撮影

記念撮影

帰る前にカフェで休憩しました。

蕎麦のソフトクリーム

蕎麦のソフトクリーム

長野駅〜松本

バスでJR長野駅まで戻ってきて、ご贔屓にさせていただいている長野駅構内の長寿食堂で夕食タイムです。

穴子の蒲焼き重・長野県長寿食堂にて

穴子の蒲焼き重・長野県長寿食堂にて

ここは、コロナ前にはサラダバーがあって、それが気に入っていたのですが2022年04月23日時点では無くなっていました。いつか再開される日を楽しみにしています。

季節限定のメニュー・長野県長寿食堂にて

季節限定のメニュー・長野県長寿食堂にて

翌日は松本で予定があるため、JR篠ノ井線で長野駅から松本駅まで1時間30分かけて移動しました。

本日のお宿はこちら。まだ出来たばかりの「天然温泉あずみの湯 御宿 野乃」です。

天然温泉あずみの湯 御宿 野乃

天然温泉あずみの湯 御宿 野乃

綺麗なホテルです。あのドーミーイングループです。

天然温泉あずみの湯 御宿 野乃

天然温泉あずみの湯 御宿 野乃

これで無事に、ハウオリ#001長野県戸隠五社パワースポット巡りを終えました。

天然温泉あずみの湯 御宿 野乃

天然温泉あずみの湯 御宿 野乃

RECOMMEND

-ハウオリ開催レポート
-, , ,